スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
中学選び狂騒曲(2)
こんにちは。
昨日に引き続き、学校説明会のお話を。


息子(長男)のお気に入りの先輩が通っている中学校。

春の公開以来、長男は「絶対○○中にいく!」と言い続けてきました。


親としても、多少距離はあるものの、以前住んでいた付近の中学なので土地勘も有ります。

何より、電車で通えるところが魅力です。

毎日遅刻気味の長男。

確実に運行される電車なら乗り遅れた時も次の予測が立ちます。


そんな、第一希望の中学。

勇んで説明会に出たものの・・・。



あまりに先生のスタンスが違いすぎます。

「知的障がいの為の特別支援級」というよりは、「小学校で学習に遅れが見られた子のクラス」という感じ。

もちろん、そういうお子さんたちを底上げし、より良い企業に就労するための道筋を作ることも大事です。

そのこと自体に異存はないけれど。



説明会終了後。


個別に長男がダウン症持ちなこと、動作がゆっくりなので周りのスピードにはついていけないかもしれないという事を伝え、ダウン症特有の苦手な部分にどういう対応してもらえるのか伺ったのですが。


答えは「ゆっくりな子は、クラスのみんなから『早く!』と言われ、自信を無くしちゃうんですね。」と。


それだけ。


言外にそういう子は想定外という雰囲気。


それでも食い下がって、「(そうならないように、という)対応はしていただけないのでしょうか?」という問いには。

手が足りなくてできません。」と即答。


決してダウン症児を拒否しているわけではないと思います。

無いでしょうけれど、あくまでも学校側が目指す教育には相容れない、という雰囲気。

煩わされたくない、という雰囲気。



あ、「雰囲気」なので私の主観です。 あくまでも。



この学級が目指しているのは所謂職業訓練校、ビジネススクールへの進学。


一般的な知的障がい児が進学する特別支援学校の高等部はあまり眼中に無いようで…。



「(もっと進み具合がのんびりしている)○○校がいいんじゃないですか?」と暗に受け入れ拒否モードでした(T-T)



一応、地元の自治体の進学システムでは、学校側が生徒を選別することはできないようには成っています。


教育委員会側に訴えればその矛盾を追及できるかもしれません。

もしかしたら受け入れてもらえるかもしれません。



でも。


中学校選び。


目的は入ることではありません。



長男が中学校生活でどれだけの知識と経験を積むか、どれだけ成長できるか、が目的です。



ここは苦渋の決断が必要かも。



それにしても、先週木曜日に行った別の中学の説明会とは、雲泥の差でした。



週末(というか日曜日)、文字通り晴れて開催された運動会も・・・私の頭の中は進路の悩みでいっぱいでした。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ

関連記事
[2015/10/22 09:38] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<小学校最後の運動会 | ホーム | 中学選び狂想曲(1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/542-b39fe8cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。