スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
次男まで…
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


先週、やっと長男の眼鏡を直したと思ったら。



今日は次男。

日中、学校から電話がかかってきました。

体育の授業中、飛び込み前転をしたら勢い余って膝が眼鏡に激突したそうです。

本人曰わく、「膝が当たってピキッって音がしたからとっさに目をつぶった。」

功を奏して、瞼に傷ができましたが、眼球は大丈夫でした。

膝と瞼に切り傷。

眼鏡のレンズってそんなに簡単に割れないと思っていました。


ところで。


その授業中、別の子も眼鏡の中央、鼻当ての上の部分から真っ二つ、だそうです。


その話を聞くまでは、単に次男が下手なだけだと思っていたのですが、同じ授業時間中に2人も眼鏡を壊す、というのは多すぎる気がします。


授業は、38人クラスで担任の他、補助の講師が入っていたそうです。



私が遥か昔に授業で教わった時の記憶では、飛び込み前転の時の足はなるべく遠くに、膝を伸ばしたままで…と。



次男に聞くと、そんな説明は無かったとのこと。



担任が、手を付く位置を示したうえで、体操の上手なクラスメートにお手本をやらせて、「こんな風に。」とだけだったそうです。


誰かが「どうやって?」と質問したようですが、返事は「○○くん(お手本の子)みたいに。」だったとか。



今どきの授業、こんなもんなんでしょうか…。


ちょっと間違えたら大惨事だと思うんですけれどね…。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ

関連記事
[2015/10/29 22:16] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<眼鏡を投げ捨てる理由 | ホーム | 嗚呼!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/548-62cefa41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。