思春期は朝寝坊
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。



朝晩冷えこむようになってきましたね。

ただでさえ、朝起こすのが大変な子どもたち。

これからが思いやられます。



小さい頃は、起こさなくてもきっかり6時に起きていた子どもたち。

長男の「あ゛~。」という唸り声(喃語のなごり。眠い時やつまらない時、助けが欲しい時・・・etc.等に出ます。)は、私の目覚まし代わりになっていました。


それが。

いつの頃からか・・・去年あたりかな・・・無くなって。

というか、長男の起きる時間が遅くなってきて。


そして。

夏休み前までは、ひと声かければ起きられていた次男も。

最近では、何度も何度も声掛けしないと起きなくなってきました。



そう言えば。

学生の頃って、なんであんなに眠かったんだろう・・・と。

ふと、思い出したりして。


いや、いや、妊娠中もべらぼうに眠かったし。


あれ? と、すると。


つまり、身体のホルモンバランスが変わるとき、眠いのかな?

なんて、思ったりしていたところ。



昨日の新聞に。


児童期から思春期が一生で一番 生体リズムが夜型になる、という記事が。(産経新聞より


先月行われた「日本子ども学会」において、国立精神・神経医療研究センター部長の三島医師が講演し、昨年、米国小児学会が「中学校と高校の始業時間を午前8時半以降に遅らせるべきだ」との声明を出したことを紹介。

海外では効果を実証するための社会実験が行われているとのこと。

それによると、米国で始業時間を30分遅らせることにより、生徒の睡眠時間が45分長くなり、授業中の居眠りや集中力が顕著に改善したとか。


眠いのは、あながち夜更かしのせいだけではなかった模様。


もっとも日本では慎重論もあるようで、「まず夜型生活を見直す」ことも重要だとも。



それにしても。


日本の学校の始業が直ぐに遅くなるわけは無く。

生理現象だから仕方がないのかもしれないけれど。

毎朝、苦労して起こすのはもっぱら母親の仕事。



来年度から中学生の長男。

通学距離が伸びることもあり、学校の始業に間に合う為には朝7時過ぎには家を出る必要があります。



それを想像するだけで、とてつもなく憂鬱な気分になる母親の私です・・・(ToT)




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
関連記事
[2015/11/05 11:37] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<いたずらの代償 | ホーム | 「ほかのお子様と同じように」の落とし穴>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/553-b45a9a2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント