歯科矯正レポート(13)
こんにちは。

おいでくださりありがとうございます。



久々の矯正レポートです。

今、振り返ってみると最後のレポートが去年の11月(過去記事)でした (*_*)


実際のところ、子ども達は月に1度矯正歯科の受診と、2~3ヶ月に1度のクリーニングを続けてきていました。

ただ、矯正の方は、装置(ワイヤー)の微調整のみで大きな変化が無く。

「ワイヤーに挟まっている食べ物のカスを取って、緩んだ部分を絞める」といった感じで、子ども達も特に痛みが出る訳ではなく維持してきていました。


それが。

今回、長男に変化が。


といっても、ワイヤーそのものの変化ではなく。



前歯と犬歯の間にゴムが装着されました。(ヒゲ生えてきているのもばっちり見えますねA^^;)

顎のスペースが足りなくて乱グイ状態なので少し広げていくということのようです。

因みに、上顎のワイヤーは、1年以上経過してきて顎も成長したらしく、当初は上顎にぴったりついていた天井部分も今では数ミリの隙間ができています。
↓これは去年のワイヤー。
1415101833902.jpg
最近は、こちらの要望通りの写真を撮らしてくれず・・・上のゴム入りの写真で精一杯なので比較できませんが・・・。

前歯に引っかかっている部分も、今ではもっと短くなって歯の手前位で終わっています。(うまく表現できなくてすいません)

1年でそれだけ顎が大きくなった、ということのようです。


ところでその隙間が空いた上顎のワイヤー。

食べ物(特に野菜の繊維)が絡まり、歯ブラシでもなかなか取れない、ということがよくあります。

いつぞやは仕上げ磨きをサボっていたためにそれに気付かず、息が臭いので口の中を見たらすっかり繊維だけになった(腐った?)野菜が絡まっていました(><;)


歯科に新しいサイズで作り直さないか聞いたのですが、このままでいくようです。


矯正を始めてもうじき3年。

どの程度効果があるのか、今のところよくわからないのですが・・・。

子どもへの負担が無いことも事実。

極々自然に進んでいるという感じでしょうか。

いわゆる「矯正しました」という歯並びにはまだなっていませんね。

但し、これから先ブラケット(歯の前面に付けるワイヤー)を付けるのかもしれませんが。

次回はまた1ヶ月後に調整することになっています。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ

関連記事
[2015/12/08 00:10] 歯列矯正 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「運命」(ベートーベン) | ホーム | 出展決定>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/562-e5b257d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント