スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
面倒見るの僕じゃん!!
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

いつのことだったか。

かれこれ三週間近く前のことですが。

次男と話していて。


それは、最近とみに長男に不満が募っている次男が、何彼となく愚痴をこぼしていた時に出たことば。

「お母さんやお父さんはいいよね。
 死んじゃったら終わりだから!
 結局面倒見るの僕じゃん!!」


あ~、ついに実感として自分の置かれた立場を考えるようになったんだな、と。

現実問題、それは間違っていません。

でも、だからこそ次男の重荷になるような深刻な話にはしたくなくて。


「まぁ、そうだけどさ。
 どっか施設にでも入れたらいいよ。
 でも、なるべく自分で生活できるように今(長男に)頑張ってもらっているんだからね。」 と。

するとすかさず、「施設探すのだって僕じゃん!」と。

ごもっとも。


「あ~、でももしかしたら○○(長男)に年金入るかもしれないし。 でも使っちゃわないでね! 前に使い込んだおじさん(弟)が捕まっていたよ。」

「僕、絶対使って買い物してやる!」


と、最終的には際どい冗談で終わったのですが。


ほんの数ヶ月前とは違って、次男も自分の置かれた現実とこれから先に起こりうるだろうことを想像できるようになってきたようです。

今はまだ、親に胸の内を言葉に出してくれていますが。


高齢出産して産んだものの、障がいを持った兄をバックアップするのが次男ひとり、というのは正直なところ過酷かもしれないな、と思います。


長男には、なるべく自立できるように。

次男には、自分で抱え込まないように。
情報を仕入れて行政などの助けを借りつつ、うまくやっていくように。

先に逝く親としては、それくらいしか手立てが浮かびません。


少子化も進むだろうし、世の中の仕組みもIT化で変わるだろうし、知的障がい者の能力をもっと引き出せるようにならないかなぁ。

職場に障がい者がいるのが当たり前の社会になってくれるといいのだけれど。

長男が社会に出るまであとわずか6年・・・。

ま、早死にしないように頑張るしかないかな~、と。





↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村



こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
関連記事
[2015/12/13 10:04] 「きょうだい」の気持ち | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<僕はまだオトナじゃない! | ホーム | 学校を休みたい理由>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/565-b080b157
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。