スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
自分の世界、まわりの目
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


今朝の長男。

遅刻ながらも上機嫌で大好きな仮面ライダー(歴代)の主題歌をメドレーで歌いながら登校していきました。

微笑ましく思いつつも・・・。



道を歩きながら大きな声で歌を歌う。

道を歩きながら突然ヘンシンポーズをとる。

道を歩きながら頭の中で描いているお話のセリフを声色を変えて喋る。


小学校4学年くらいまで(小さかったので)は、かわいらしく。

道行く人みんなが微笑みながら通り過ぎて行ったのに。



1年で10cmも背が伸びて、大人とさほど変わらない大きさになってきた途端。

人々の目は、 とまどい、いぶかしげに見、そして場合によっては一歩退いてよけて通る。


いつかは電車の中で「それ」が始まった途端、隣り合わせていた周りの大人が一斉に離れて、長男の周りに直径1mの空間が生まれたことも。


アタマの中身はそれほど変化していないので、何が奇異に映るのか理解するのは困難。

本人は今まで通り、楽しいことをやっているだけ。

「なんで急にたしなめられるの?」という感じかな。

親の目にも知能レベルがわかっているだけに、つい「可愛いまま」だったり。



次男に言わせれば、「僕もやっている」そうだけれど。

確かに小学生で、ひとり言を言いながら歩いている子もいます。

でもやっぱり周りを意識してか、自然と声も小さく、フリも小さめで歩いています。



街で大きなひとり言を言っている人を見て、思わず側に寄らないようにしたこともあったけれど。

つまるところ、自分の息子がその状態に近づいている。


実は最近は、そういうオトナを見てもちょっと微笑ましく思えちゃうこともあったりして。


でも、でも。


パブリックの場では、そういう行いは慎む。

頭の中だけで遊んで、声には出さない。

そういったことをこれから身につけてもらわなくてはいけない時期。



別に人に危害を加える訳ではないのだけれど。

見てくれで判断されてしまう・・・世の中なんだよなぁ。

なんてことを、つい考えてしまう昨今。






↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ







関連記事
[2015/12/16 08:52] 思春期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<障がい児の親のイメージ | ホーム | 人生で一番サイテーな気分になった日>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/570-1e64c586
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。