スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
頸環椎不安定症2
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


今日は、長男の半年ぶりの整形外科検診の日でした。(頸環椎不安定症1はこちら


頸環椎不安定症と言われている長男。

頸椎のX線撮影は年1回ペースで続いています。

今回は、それに加えて背骨と骨盤も撮影しました。

まず、頸椎の方の結果。

通常、頸環椎の隙間が5ミリまでは正常値*だそうで、今回は仰向けも俯けも3ミリ、正面も4ミリとかで「心配ないでしょう」と言われました。
*正常値:半年前の説明では4mmとなっています。幼児の体系と現在の体型(身長145cm)との違いでしょうか…。

今後も念のため中学卒業まで年1回のペースで経過観察し、その後は終了になるようです。

一方、姿勢の悪さが心配だった背骨と骨盤(股関節)。

何しろすごい猫背と内股なので…。

ですが、こちらも整形外科的には側弯症というレベルではないし、股関節も正常とのことでした。

医学的に側弯症とされるのは30度以上の湾曲が有る場合だとかで、長男のは10度程度なので「姿勢が悪いだけ」ということのようです。

筋力の無さが原因、ということですね。

姿勢の悪いまま固まってしまうのではないかと心配だったのですが、医学的には治療の範囲内ではなかったようです。

また、思春期の、急に身長が伸びるのに従って側弯も酷くなる場合があるそうですが、長男の場合は既に身体の成長としては完成(つまり成人男性)に近づいているのでこれ以上酷くなることはないだろうとのことでした。

思春期で身体が成人に近づくにつれ、骨と骨の隙間が減るのですが、長男の骨もかなり狭く、身体はほぼ成人になっているようです。(ちょっと寂しいけど…)

筋力の無さが原因の姿勢の悪さでも、どんな筋トレしたらいいのかまでは教えてもらえず…。

今こそ、PTが必要な気がしなくもないんだけれどなぁ…。


次回は靴のインソールを作る、半年後の予約で終了でした。







↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
関連記事
[2016/01/05 23:44] からだ・病気 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<締め出し再び…。 | ホーム | 明けましておめでとうございます>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/582-6521bf04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。