顔パス
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


昨日、張り切って社会科見学に行った長男。

今朝も「早起きする!」と昨夜言っていたものの…。

夜中、鼻づまりで苦しみ、途中何度も目覚めて睡眠不足になってしまいました。



結局、朝起きられず遅刻に。



あまりにも遅い登校なので、私も付き添ったのですが。

本人の意識としてはひとりで登校したかったらしく、私を置き去りに走って行きました。

ま、1本道なので姿は見えています。

遠目に見守る感じです。


で。

学校近くまで来て。



当然、児童が登下校に使用している通用門は閉じられている時間。

この時間の場合は、正門のインターホンを鳴らして正門を解錠してもらい、入る必要があります。

そこからぐるっと通用門側に回ると昇降口がある、という感じです。


そして、正門は学校に向かって我が家寄り、通用門は正門の有る角よりさらに校舎の長さ+α分先にあります。


当然、今朝のような大幅な遅刻の場合、正門から入る=いつもより近道になります。


ところが。

長男は敢えて遠回り。


毎度のことでもあるのですが、わざわざぐるっと回って通用門が施錠されているのを確認してから正門まで戻ります。

つまり1往復無駄に歩きます。

よく言えば、真面目に登校ルートを歩く。

悪く言えば、融通が利かない。



で。



そこまで付き合いたくない私は正門前で立ち止まって、長男がぐるっと遠回りして戻ってくるのを待ちつつ。


これって、一般人から見たら一種の奇行だよなぁ…などと考えていました。

毎度同じ無駄な行為を繰り返す、という意味で、ね。




そのうちに長男が通用門前まで到達。


どうするか見ていると。


しばし佇み。


どうせ鍵が閉まっているのだから、早くこっちに来ればいいのに、と思っていると。


なんと、門が開いて、長男は待っている私の方を振り返り、「してやったり」というような表情で学校に吸い込まれて行きました。


???

なんで?

なんで門があくの?


と、思いきや。

顔見知りの主事さんが、気が付いて出てきて開錠してくれたらしく。



長男、毎度の遅刻で顔パス(´Д`)

しかもそれを当然のように登校する長男。


主事さんが親切過ぎて、世間のルールが身に付かない息子。


嬉しいような、悲しいような…。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
関連記事
[2016/01/27 16:25] つれづれ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<初めての頭痛 | ホーム | キャラ弁卒業(^^)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/602-5d6d12f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント