スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
驚異的な記憶力!からの行方不明
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。

ゴールデンウィーク、始まりましたね。
厳密には昨日から、いや、既にこれを書いている間に日付変わってしまったので一昨日か。

とにかく連休初日ってことで、私の両親も交えてお出かけの計画。
それは、隣の区で開催される地域のイベントに行くことと、その後に、地元に戻ってN駅のスパでのんびり癒されよう、というコース。

つまり、家のある最寄り駅を起点として北と南、両方の位置に目的地が。
駅001

イベントのお目当ては「仮面ライダーゴーストショー。」

10時にイベント開催地の最寄り駅、M駅で両親と待ち合わせ、の筈が…。


家を出る準備がちょっと予定より遅れ気味だったので、いつもより早めに長男に声掛け(いつも支度はゆっくりなので)。
すると思いの外 素早く用意ができて。
(今思えばそれだけテンションが上がってたということ)

たまたま長男のPASMOのチャージが必要だったので千円渡して「先に行って、チャージしてて。」と送り出しました。

駅までは一人でも行けますし、チャージもできる筈。(いつもは横で見ているけれど)
わずかでも時間を有効に使うつもりだったのが…。
 
数分遅れで次男と私が駅に着いたとき、長男の姿は無く。


駅周辺を探しても居ない。

ホームにも居ない。

駅員さんに問い合わせても、流石に子ども一人一人チェックするはずもなく。

念のため、駅周辺のコンビニなど覗いてみても、居ない。

ひとりで電車に乗った?


となると、先に土地勘のあるスパに行ったかも?と、スパの最寄り駅に次男に見に行って貰って。

その間に私はもう一度家に戻って道中長男がふざけて潜んでいないか確認。


「(駅に)先に行ってて。」が「イベント開催地の駅に先に行ってて。」と伝わった?

家まで都合2往復して確認したけれど姿なく。

仕方無く、駅に迷子探しの要請。
着ている服など特徴を伝えて各駅に一斉連絡を依頼。

イベント最寄駅、M駅に着いていた両親にも経緯を説明。
もしやM駅に向かったかも、と駅ホームを見て貰ったり駅員に聞いてもらったり。

暫く右往左往しつつ自宅最寄り駅に、まだ何も連絡が入らないか確認したところ。
防犯カメラに長男らしき姿がホームに上るエスカレーターにいた、との話(最寄り駅なので息子を知ってる駅員さんがいらした)。
その時間は9時53分だったとか。

私たちが駅に着いたのが55分頃。

そして折悪しく長男が映っていたその時間、 上下線ほぼ同時に電車到着。
で、どちらに乗ったか不明とのこと。

いずれにしてもどうやら電車に乗ったのは確実みたい。

のぼりに乗ったか、下りに乗ったか。

長男の行方が分からなくなって既に1時間。

順当にいけばM駅についている筈の時間。
M駅に待機していた両親も心配して、結局我が家の最寄り駅まで来て合流。

こうなると最早お手上げ。


ところで。


イベント開催地の最寄り駅は、実は別の鉄道会社。

なんと、迷子の要請、鉄道会社ごとに依頼しないといけないので、そちらの線には伝わっていない、と判明。

ということで、私はM駅まで再度長男を探すのと、迷子の要請に向かいました。

前夜母と待ち合わせ場所を電話で打ち合わせした時。
もしかしたら長男、聞いていている可能性も捨てきれず。
一緒に行くつもりだったので、しっかりと駅名を伝えていませんでしたが、最近の長男、意外と人の言うことを聞いて理解しています。

一方、じじばばと次男には、反対方面のスパのあるN駅に行って貰い、ついでに長男が独りで行けるショッピングセンターにも万一を考え探しに行って貰いました。

行方知れずのまま、時間が刻々と過ぎていきます。

次男のことも考えなきゃ。

せっかく楽しみにしていた仮面ライダーゴーストショーは、最早無理。

でもスパは行かせてやりたい。

なので、お昼から当初の予定通り(?)じじばばと一緒に行って貰いました。

ひとつには、スパも長男は独りで行けるので。
万一現れたら確保できます。


一方の私は、M駅で全駅への迷子の要請。

そして、既にいなくなって2時間以上経つので、ついに現地の交番にも迷子の手配を要請。
万一、イベント会場にひとりで行けてしまったら、もう私一人では探せません。


問題がひとつ。

小さい子が泣きながら歩いていれば迷子だと誰でも気付きます。

でも長男は最早身長147㎝。泣きながら歩くことも、多分ありません。

警察からは、ざっとイベント会場を見て、それから自宅で長男が戻るのを待つようにとの指示が。

イベント会場では、折からの強風のため、午後の開催が中止になっていました。
となると、もしもイベント撤収後に子どもが一人残っていれば見つかる筈。
こちらの運営事務局にも迷子の届け出をして、それから帰宅することに。

流石にお昼すぎたら、お腹も空くだろうに・・・と段々心配が増して。

明らかに困っていそうな風情ならば、もう駅員さんに見つけられているはず。

一体どこに行ってしまったのか。
これだけ長い時間行方不明は初めて。
多分、気ままに移動しているだろうと思いつつも悪い想像も浮かんできます。

私が家に帰り着いたのが2時過ぎ。既に4時間経過。

やはり家にも居ません。

それに長男、現金を持っていません。
ま、PASMOはチャージしたようなので(改札入れているので)駅の自販機でジュースは買えるかな。

家で待機していても、何もできない、落ち着かない時間。

警視庁全域に連絡は行っているけれど、地元の管轄の警察にも連絡を、とM駅の交番で言われたので改めてこちらの所轄にも連絡。

これ、万一つからないまま時間がすぎた場合、迷子から「行方不明者として捜索の格上げ」の為とのこと。


やがて4時になり、5時になり…。
どこからも確保の連絡が無いまま夕方に。


私も流石に泣きたい気分。

どこかで途方にくれていないか、泣いていないか。
いや、泣いてくれたら見つかるはず。
お腹が空いて、それこそ万引きでもしてくれた方が見つかるかも…なんてすら考えました。

6時頃、所轄の少年課の方がいらっしゃって、いよいよ「行方不明者」の手続き。
名前を書いて、ハンコを押して。
いろいろ細かい個人の特徴を聞かれて・・・。

おーいっ!!、長男、どこにいるんだ!!


警察といっても、何か(例えば職質など)で引っかからなければわからない、とのこと。
一見普通に過ごしているように見えたら引っかかりません。

まして。

長男、困っていても自分から他人にSOS出すとは思えず。

夜になって、子どもがひとりでいるのが不自然になるまで発見されないかも…。

スパから戻った両親と次男も家に尽きました。

沈鬱な時間。
なんだかテレビの誘拐事件みたいな雰囲気で、余計に不安が増します。

でも、何もせずにいることはできなくて、M駅と家の間にあるターミナル駅、N駅周辺のショッピングビルにも迷子がいないか電話をしました。

N駅は、買い物でもよく使う駅。
長男も土地勘があります。

隣接したショッピングビルには長男のお気に入りの書店や玩具屋が入っています。

だめもとで、書店に直接電話。
でも、やはりいませんでした。

諦めきれず、代表に電話して、全館確認してもらうことに。

…すると。

15分ほどして、電話が。

6時45分、そのショッピングビル内の家電量販店で、タブレットでゲームをしているところを発見、と。

無事で良かった!!

けど、なんでそこ?!

発見してくださった警備の方が電話を長男と変わります。
思わず「なんでここにいるの?」
返事は、「わからない」と。
でも、長男の声。

とにかく取るものも取り敢えず、迎えに。

いやもう、本当に参りました。



さて。

無事に長男と出会ってから、警察に電話。
捜索の解除と、所轄への連絡と、そしてM駅の交番のお巡りさんにもお礼を。

帰る道すがら、どうしても不思議だったことを質問。

「電車でどこに行ったの?」

すると、なんとその答えが
「U駅」。

これ、イベント開催地に行ける別ルートの駅。

そして。

実は2年前、同じイベントに行った時利用していました。

長男、その時の事を覚えていて、そのU駅に行ったみたいです。

私の捜索選択肢にその駅が入っていなかったのは、2年も前に一度しか利用したことがなかったから。
そして、そこに行くにはN駅での乗り換えが必要だったから。
乗換えは無理だと思ったので、そのままで行けるM駅しか考えていませんでした。


今まで何度か迷子というか行方不明になった長男。
でもこれほど長い時間見つからないのは初めてです。
いろいろできるようになるってことは、危険が増すことでもあるってこと、痛感しました。
GPS付の携帯、持たせる必要有るようです。


とにもかくにも。

無事でよかった、というお話。



↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ


関連記事
[2016/05/01 01:17] 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<驚異的な記憶力!からの行方不明 の、後日談。 | ホーム | ダウン症持ちの首は太い?!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/618-bb238aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。