学校選びで私がやったこと(2)
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


就学前の学校見学。


3年間にわたって少しずつ見学していったわけですが。

どの時期、どの学校見学でも、大体私がやってきた(見てきた)ポイントです。


行かせたい学校=(私が)気に入った学校 


まず、私の場合、行かせたいと考えた学校には公開中ほぼ毎日行って先生方と顔見知りになりました。(というか、必然的になってしまいました)

見学に行くのが楽しくて、予定では別の学校を見るつもりだったのについ行ってしまった学校がありました。
それが、息子たちが通う学校です。

その学校は、第一印象で先生の雰囲気に「児童への愛」が感じられました
私にとっては、結構重要ポイントです。
長男の中学選びでも、結局はこの「教師の生徒への愛」を基準に選んでしまいました。

皆さんもそれぞれご自身の「選ぶポイント」があると思います。
それは、年少さんの頃からいろいろな学校を見ていくうちにこだわりポイントとして出来上がってくると思います。



さて。



次に、実際に学校見学に行く時間について。

いける限り行くに超したことないですが、なかなかそうはいきません。

実は見学は、2・3時間目がお勧め。

というのも、2時間目と3時間目の間には長休み(20分休み)があるからです。

この時間、公開中の場合学校によっては先生が保護者との話に時間を割いてくださったりします。
この時間に、心配事や疑問点などを聞いてみることができる、という訳です。
但し、あまり突っ込んだ話はしない方が得策でしょう。



先生が対応してくれない場合でも、教室に貼ってある展示物や児童の目標や時間割などをじっくり見るチャンスともなります。

時間割は、通常級と違い実は学校によって様々なのでざっくり控えておくと後々比較する基準となります。(実際の授業は学校行事などもあり、流動的で時間割通りに進むわけではありません)

例えば、算数が週3・4日のところもあれば2日のところもあります。
また、生活総合の時間を多く取り、児童の自立、身の回りの生活力向上に力を入れている学校もあります。
体育を多くとり、体力作り(もしくは授業に集中させるため)の学校もあります。



先生への質問では、通常級との交流の度合いや、内容も聞いてみました。

通常級との交流、文部科学省の交流例では「給食交流」だけでもOKです。
給食のときだけ通常級から「希望した子だけ食べに来る」というのでも立派な交流となり得ます。

因みに、息子が通った学校は、全校縦割り班での活動が週1回の朝礼と授業1回あり、その中に支援学級の児童も交じって活動していました。
つまり、10人程度のグループに1年生から6年生までが混在し、しかもその中に支援級の児童も入っていて、一緒に総合学習(グループ遊び的な?)や掃除などをしていました。

これこそが本来あるべき「交流」だと思います。(その後の学校統合で、その伝統は途切れて、やっと3年目の昨年にちょっとだけ復活、今年度から本格復活しました。もう卒業しちゃってるけど)
一緒に活動するからこそ、得手不得手がわかり、お互いに思いやり認めあえると思います。
(余談ですが、そういう経験をして育った子どもは大人になってから弱者を鞭打つような言動はしない筈です)



その他、授業中や休み時間中の通常級の子どもたちの雰囲気を覗いてみたりしました。

学校によっては、図らずも見下したような発言とか聞けちゃったり。
反面、とてもやさしいフォローを自然にしている学校も。



それと見落とせないのが。

受付にいる保護者(大抵PTA役員)の態度。

これ、学校のカラーがかなり出ます。
学校のカラーが肌に合わないところは除外しました。(カラーが合わなくても支援学級が良ければ問題ないと思いますが、私の場合にはそういった学校はありませんでした。)



最後に説明会で経験したエピソードを。

支援学級の職員室と通常級の職員室が分けられ、支援学級の方は建物の端の方に設置。
その為、「こんなクラス(支援級)に飛ばされてきて・・・」と発言された担任にもお目にかかりました。

説明会にご挨拶に顔を出されて「このクラスの子たちはねぇ、どうにもならないから・・・(ため息)」的な発言の校長もいました。(これから入ろうとする保護者を前に!)

また、支援学級は使えない教師の配置場所だと考えている校長もいました。(これは意外と支援級アルアル)



本当に様々です。

悩みや不安は多く、がっかりすることもびっくりすることも多いかと思いますが、お子さんにとってベターな(ベストは多分ありえない)学校と巡り合えることを祈っています。


↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ

関連記事
[2016/07/28 20:19] 学童期 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<学校選びで私がやったこと(3) | ホーム | ショックすぎて・・・>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/647-203a33b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント