スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | page top
ダウン症の歴史
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。


過去記事の掘り起こし。
以前別の名前のブログ(育つ育てるダウン症育児)で書いていた記事です。
息子(長男)が9歳って書いてあるので、今から4年前ですね~。
最近の親の会に行っても感じますが、年々発達のスピードは良くなっている気がします。
早期療育が当たり前になっていることと、教える方の技術の進歩なのかしら。
もう一度赤ちゃんの頃からやり直したいなぁ・・・なんて。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ダウン症の歴史って…。
そりゃあ、人類が生まれてから一定の割合では生まれてきていたはずで。
どこかの国では「神様」として扱われていたところもあったようです。

「ダウン症候群」という名前が付けられたのは、ご存じダウン医師の論文(1866年)からなわけですが。
でもって染色体が原因だと分かったのは たかだか 50年ほど前(1959年フランス人のジェローム・ルジューヌによって) のことなんですよね。

そして
早期療育 が 発育に有効だってわかってから
まだ 25年?30年?程度しかたっていません。
生後間もなくからの療育が日本で行われるようになってからは、多分まだ十数年ってとこでしょう。

だから
今、ダウン症児を育てている方たちに言いたいのは。
今、私たちの子どもが 新しいデータをつくっている
ということ。

いろいろな情報がありますが、本やネット(場合によってはダウン症児をよく知らない小児科医でさえ!)で得る知識と、私の周りのダウン症のお子さんとで ギャップを感じることがあります。
みんなもう少し発達いいけど…?
更に今9才の息子の小さいころより今の赤ちゃんの方が発達がよい気もします。

だから 不安は尽きないかもしれないけれど、
あんまり悲観せず希望を持って 子育てしていきましょう。

んまり悲観せず希望を持って 子育てしていきましょう。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ
関連記事
[2016/08/04 12:15] お母さん方へのメッセージ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「なんだかウザい」 by 次男 | ホーム | やっと作れたお弁当!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/654-6e52d978
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。