偏見と親戚への披露
こんにちは。
おいでくださりありがとうございます。



障がいを持って生まれてきた子どものことを 人に知らせるとき。
というか、知らせるか知らせないか。
様々な葛藤があるものですよね。(告知に関する過去記事はこちらから)
が、さすがに息子が中学生ともなると、他人に告知するとか、葛藤とか、そういったことは忘れていました。


それが。


改めて、ちょっと寂しいというか悲しいというか、ということが先日ありました。


お正月開け、母から電話があり、妹と母とで伯母の家に遊びに行くのだが一緒に行かないか、という誘いがありました。
たまたま、その日は長男と私だけが家にいる日だったので、長男も一緒なら可能だけれど、と返事しました。

すると。

「・・・・・・。 じゃあ、無理ね。」と。


無理。


この言葉の意味を、暫し考えてしまいました。


無理。



暗に、長男は連れて行きたくない、という・・・。



まぁ、伯母は比較的偏見が強いところがあり、人種や障がいについて人を見下ししがちなタイプで。(もうじき90代、そういう時代の人です。)
そして、母は割と見栄っ張りなところがなくもなく、伯母には「いい義妹」でいたいところがあり・・・。


普段からそれほど親戚つきあいが激しいわけでも無いので、伯母だけに限らず、親戚筋には長男がダウン症持ちであるということについて敢えて発表的なことはしてきませんでした。
なんとなく、母が言葉を濁す感触で、母自身が知られたくないのだろうな、とは感じましたが。

それで生活に支障が出るわけでも無いですし、伯母の家にも頻繁に遊びに行く必要も無かったですし。
(子連れで会ったのは、確か二人がまだ2、3歳の頃一度か二度です。)


普段、母が孫二人(長男と次男)に対してとりわけ態度が違ったりすることもないですし、母も差別をしているとかそういうわけではないと思うのです。
ただ、「知られたくない」という感覚、なのかな。

あまり差のない赤ちゃんの頃は「バレない」けれど、大きくなった今だとわかってしまう。
そう言われた気がして。


母ももう80代。
改めて非難したり苦言したりする気は無いけれど。

ちょっと、寂しかったかな。




↓↓ランキングに参加しています。
↓↓応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村 病気ブログ ダウン症候群へ
にほんブログ村


こちらもよろしく↓
スネイリーズロゴ






関連記事
[2017/01/18 18:56] 告知・説明 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<雑誌に掲載されました | ホーム | 夫婦の子育てのズレ-ーちょっと凹んでいます>>
コメント
うちの母も同じです。
寂しいですよね・・・。
でもまぁ親と言えども、人の考え方は変えられませんから。
息子さえ幸せならそれで良いと割り切っています。
[2017/01/19 06:49] | URL | ryouko #J9KrKsHg [ 編集 ] | page top
初めまして
24歳のダウン症の女の子の母です。
初めてブログ読ませていただきました。
一人一人の気持ちは さまざまで
年齢によっても違いますね。
80代の方が子育てしてきたころは
障がいの子が家に居るのは
恥ずかしいこと、と言う考え方が強かったので
無理も無いことですが
身内から、そんなこと言われると
寂しい気持ち、悲しい気持ちになりますね。
自分の考え方をしっかり持って
心無い言葉に振り回されない
強い気持ち持たないとやってられないですよね。
どうしても伝わらない相手には
割り切って付き合っていくことも。
みんなに、わかってもらえることは難しいでが、
チャンスを見つけ、少しずつ少しずつ
伝えていくことを諦めないことも大事かと。
ひとつひとつの積み重ねが
未来の可能性に
きっと、つながって行きます(^.^)
偉そうなこと言って 済みませんm(_ _)m(^^;
)

[2017/01/20 09:50] | URL | あわてんぼうママ #- [ 編集 ] | page top
ryoukoさま

共通点ありますね~(^^;)
> でもまぁ親と言えども、人の考え方は変えられませんから。
> 息子さえ幸せならそれで良いと割り切っています。
そうなんです。
幸いなことに息子は気づいていないですしね。
コメントありがとうございます。
お互い育児頑張りましょうね。
また覗きにいらしてくださいね。
[2017/01/20 12:03] | URL | 春蝉 #- [ 編集 ] | page top
あわてんぼうママさん

初めまして。
コメントありがとうございます。
ブログも拝見させていただきました(*^^*)

> チャンスを見つけ、少しずつ少しずつ
> 伝えていくことを諦めないことも大事かと。
そうですね。ちょっと母の心情を考えて今回はスルーしてしまいましたが、あわてんぼうママさんのおっしゃるように、、「ひとつひとつの積み重ね」が大事だと思っています。
いろんな人の多様性がそのまま受け入れられる日がくるように、少しずつ伝えていくように心がけていきたいと思います。
アドバイスありがとうございます。
また覗きにいらしてくださいね。
[2017/01/20 12:16] | URL | 春蝉 #- [ 編集 ] | page top
もうこちらのブログはされてないんだと思ってました(^_^;)
久しぶりにのぞいてみたら、びっくり!
色々ありますね(>_<)

うちの祖母が80代、今の感覚でいうと偏見まみれ、差別発言の多い祖母です(^_^;)

だけど、三男への愛情はたっぷりで気にかけてくれてるんですよね〜。

お母様の発言は、私もショックでしたし、
これまでの経緯を思うと、
そういう意味なのかとも思いますが、

祖母が変わっていったことを思うと、
お母様の「無理」にも色んな意味があるかもなーと思いました。

だって、偏見持ってるって分かってる人のところに連れて行ったら、何言われるか分かりませんよね。

私だったら、
物事が分かる年齢の孫(長男君)に、嫌な発言や態度をする可能性のある人のところに、
大事な孫を連れて行きませんよ!

そういう意味で、長男君のことを思っての「無理」っていうのも含まれてる可能性もあるんじゃないかなーと思いました。

どちらにしても、以前コメントされていたようなことが大事ですよね!

こちらのブログは吐き出す系のようなので、私もタイムリーにキャッチできるように、ボチボチ覗かせていただきますね(o^^o)

年下が、偉そうなこと言ってごめんなさいねー(>_<)

あと、旦那さんの話!
うちの家でも起こりそう!!笑
視覚支援作戦、うちも実行させていただきます!
[2017/04/07 22:39] | URL | moe #- [ 編集 ] | page top
moeさん

コメントありがとうございます(*^^*)

> もうこちらのブログはされてないんだと思ってました(^_^;)
そのつもりではあるんですが・・・お察しの通り、愚痴りたくなる場所も必要でf^^;)

母のことも気遣って頂いてありがとうございます。
moeさんが書いてくださったように、「孫を連れて行きたくない」っていうのもあるかもしれませんね。(そうだといいなぁ)

因みにその伯母の家、奇しくも明日「私だけ」行く予定です(^^;)

コメント頂いて、改めて自分の書いた文を読み返しましたが。
長男と夫との朝のことは忘れていました。
というか、夫は相変わらずですし・・・。
今朝も喧嘩こそないものの似たような状態で・・・。
ホント、我が家って進歩無いかも~f^^;)

いつもこんな拙い文章を読んで頂きありがとうございます♪
[2017/04/08 22:59] | URL | 春蝉 #- [ 編集 ] | page top
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://haruzemi.blog.fc2.com/tb.php/668-00efd44e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

いらっしゃいませ

プロフィール

春蝉

Author:春蝉
43歳で長男(ダウン症児)を、翌年次男(健常児)を出産しました。
現在小学校高学年、年子の男児の育児に奮闘中です。

検索フォーム

最近の記事

最新コメント